進行を止めることが大切

先生

加齢によって様々な病気を発症してしまうようになりますが、中でも緑内障をはじめとした目の病気にかかってしまう方は少なくありません。緑内障は視界が徐々に見えなくなって最終的には失明してしまうため、早めの治療が必要となります。

自覚症状のない病気

女性

緑内障で一度失われた視力は、元に戻す事が出来ません。失明を防ぐためには、病気の早期発見、早期治療が大切になります。緑内障は自覚症状がないまま進行することが多いため、定期的に検査を受けることが早期発見につながります。

医師に相談しよう

男女

目に異常があれば、緑内障になっている可能性があります。眼科で診てもらうことで、悪化を防ぐことが可能です。人によって緑内障になる理由は違いますので、定期的に病院を利用するなどして早めに確認しておくとよいです。

40歳過ぎたら注意

未然に緑内障を予防するなら、生活改善をしましょう。栄養バランスのある食事を取れば将来的にもかかる心配はありません。

視野の欠けがないか調べる

女の人

緑内障は目の眼圧が高くなる事によって視神経の働きが悪くなり、視野が欠けてくる病気です。視野が欠けるとすぐに気がつくと思いがちですが、片方の目だけ発症すると脳が画像を補完するため症状が進むまで自分では気づきにくいという特徴があります。時々片目で物を見て、見えない部分がないか調べる必要があります。40歳以上になると20人に1人が発症するため、セルフチェックを心がけましょう。緑内障には慢性のものと急性のものがあり、慢性になると何年もかけて症状が進行していきますが、急性になると急激に症状が進むのですぐに医療機関を受診する必要があります。目の痛みのほかに嘔吐や頭痛が起こることもあるので、内科に行く人もいますが眼科で調べてもらうことが大切です。

目の血流改善で予防

緑内障の症状としては視野の欠けの他に細かい字が見えにくくなったり、光がまぶしく感じられるなどがあります。これらは目が疲れているためとか、加齢により老眼になったためと考える人もいますが、緑内障の初期症状の場合もあるので注意が必要です。違和感を感じたらなるべく早く眼科を受診して調べてもらうと、早く治療を始めることができます。早期であれば目薬や内服薬で症状を改善することができます。緑内障になりやすいのは家族に緑内障がいる人や目を酷使している人、冷え性や低血圧の人などです。緑内障の発症には血流の悪化が深くかかわっているため、目が疲れやすい人や血行が悪い人はマッサージなどして血流を改善すると予防効果があります。