進行を止めることが大切

加齢は眼にも影響します

先生

歳を取ると様々な弊害が現れてきます。例えば、素肌のシミやクスミ、そしてタルミが現れ、見た目を老けさせてしまいます。また、脊柱管狭窄症のように手足のしびれや痛みが現れることもあるのです。さらに、加齢は眼にも影響します。老眼はその最たるもので、ほとんどの人に現れ、眼のピント調節機能が衰えて、近くの物が見えにくくなるのです。そして、その症状は薄暗いところで顕著になります。また、白内障や緑内障といった眼の病気も発症しやすくなります。白内障と緑内障は進行性の病気ですから、やがて物が見えにくくなり、緑内障の場合では失明することもあるのです。ですから、定期的に眼科健診を受けて、眼の健康をチェックすることが重要です。

治療

加齢が関係すると言われる白内障と緑内障の治療についてお話しします。白内障は、レンズの働きをする水晶体が白く濁るために起こります。ですから、視界にもやがかかったように見えます。また、白内障の初期の段階では、太陽光線が異常にまぶしく感じることがあります。白内障の治療としては、水晶体の手術をすることで、視力を回復することができます。一方の緑内障では、眼房圧が上昇して視神経にダメージを与えてしまうために、視界の一部が見えなくなり、その見えない部分が次第に広がって失明に陥ることがあるのです。そして、治療をしても再び視力が回復することはありません。ですから緑内障の場合、進行を止めることが大切です。そのためには、早期発見と進行を止めるための対症療法が必要となります。