医師に相談しよう

視野がおかしくなったら

男女

緑内障は徐々に視野が欠けていきますので、悪化してから眼科を受診する人が多いです。四十歳になれば、一度眼科で診てもらうとよいです。加齢によって、緑内障になるリスクは高くなっていきます。急激に進行する緑内障もあり、目に異常があればできるだけ早い段階で眼科に行けば目の状態を改善することが可能です。気になる症状があれば、早めに病院で診てもらうことが基本です。緑内障になっていても、何の治療もしなければ失明してしまうリスクがあります。健康診断などで、目の異常を言われて緑内障と気付くこともありえます。できるだけ早い段階で対応していれば、視野を狭くすることなく、また視力低下を防ぐことにもつながります。治療手段は存在していますので、悪化する前に眼科に行くことが基本です。

目を守るために

眼圧が上がることで、緑内障になる人がいれば、眼圧は正常であっても緑内障になる人も存在しています。様々な理由で、緑内障になる可能性はありますので、定期的に眼科で診てもらうことを忘れてはいけません。人によっては手術を行うなど、対処方法はありますが、失った視野などを元に戻せるわけではなく、症状の悪化させないために行われます。目の異常があれば、そのままにせずにできるだけ早く病院で検査を受けてみるとよいです。悪化を防ぐことができれば、緑内障であっても日常生活に支障をきたすことはないです。眼科で診てもらえば、症状によって薬が処方されます。目薬が多いですが、長期にわたって利用する可能性が高いです。医師の指示に従って、適切な量を使い続けていけば失明するリスクを減らすことができます。